忍者ブログ
滋賀県立大学航空研究会へようこそ! 甘味帳~日々の献立~では私たちの何気ない日常を発信していきます!あわせて、甘味帳~レシピブック~のほうもよろしくお願いします。
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに鳥コンに出場しましたー
土曜日に飛ぶはずだったのに、後1人飛んだらウチが飛ぶって状況で強風で中止になってしまい、
結局日曜日のお昼に飛ぶことになってしまいました。県立大学は、まだ期末試験が始まっていないので、
この延期は単位修得にかかわる非常に痛いものです。

結局金曜日から2日連続の徹夜又は泊まり込み作業となり、中止になった直後のメンバーは
頭に血を上らせつつ2度目の徹夜による失意で魂が黒くなった
さらに空気を読まない太陽の直射日光により真っ黒顔になった
だがそこで怒りをあらわにせず黙々と作業に徹するのが成熟した人間の大人のたしなみ
あの場面で、メンバーがさらに結束を強めたんじゃないでしょうか。

そしてなんとか2日間の徹夜に耐え、迎えたフライト 飛行機をプラットホームに運ぶのだけでもすごい大変

風が全然ない
日光強い
なんか自分たちの飛ぶ直前のチームにTVがインタビューをやたらしまくって、プラットホームで待ちぼうけくらう

という目にあいながらもなんとか 日射病でメンバーに欠員が出ても なんとかなんとか 耐えてようやく
coolsweetsに順番が回ってきました。 

いろいろインタビューを受けている間 TV画面(?)にいろいろメンバーと機体が映ります。
みんなといっしょだから大丈夫という表情の投げ飛ばす係のメンバー
対照的に、これから一人で飛び立っていくのだなという不安顔のアサマックさん
実はハリボテに近いコクピットの前面と一昨日養生テープで直した頼りない尾翼を
わざわざ集中的にモニターに映してくるカメラマン
応援が異様に上手いMK先輩の声が応援席からホームにまで届きます

合図の赤い旗が上がって、メンバーが機体とアサマックさんを押し出す。

お願い飛んでー           ボチャッ







モニターにメンバーの深い悲しみに包まれたときの顔がうつる。


落ちた。
30mしか飛ばなかった。

解説の人が言うには、パイロットが重心を移動させなかったのがまずく、移動させていれば普通に飛べていた
ということです。

しかし、アサマックさんがいうには、移動させることを忘れていたんじゃなく、やってもできなかったそうです。

今回は残念な結果になりましたが、
機体が思っていたより頑丈だったこと もっとコクピットを後ろにつける等
学ぶことが多い、上向きにむかっている失敗でした。

来年は、失敗を生かした機体を作りたいとcoolsweetsは考えています。
とりあえず、模型を沢山作って、良く飛ぶ模型と同じ形の機体にしようか という話になっています。









 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
ブログ内検索
最古記事
フリーエリア
忍者ブログ [PR]